<<工事中>>

 工事中のため、未完成です。
 
 

概要

 保育系にしろ、障がい者支援系にしろ、利用者への対応とマニュアルを用意していません。一人ひとり、発達も性格も異なるのに画一的な「マニュアル」では対応できないという考えからです。
 利用者に対する日々の毎日が研修ですが、様々なケースを判断していくためには、「福祉」をどう考えるかです。つまり、路交館の「理念」をどう理解するかが重要になりますので、「理念」について学ぶ機会を多く持っています。
 「理念」ほか様々なことを学ぶことで、日々の仕事にやりがいを覚え、利用者さんやそのご家族により有意義な支援が実現します。
 

新人研修(新卒採用者向け)

 新卒採用者の場合は、3月中旬ごろにオリエンテーションの代わりに、丸一日の研修を行います。
 中心は、理事長による路交館の成り立ちと、そこで利用者への対応の変遷を通して、路交館の理念がどのように培ってきたかの説明になります。
 その説明に対し、それぞれどのように理解したかを参加者同士で話し合う、グループディスカッションも行います。
 研修会後は、各施設の管理者も合流して懇親会が持たれます。路交館の研修には懇親会がつきものです。
 

新人研修(障がい者支援系中途入社向け)

 障がい者支援系では中途で入社される例が多いので、数ヶ月に一度のペースで開催されます。こちらは、パート職員も参加してもらっています。
 内容的には、新卒採用者向けの抜粋編と言えます。
 

法人研修(階層別研修)

 全職員を、初級(入社34年目ぐらいまで)、中級(主任クラスまで)、上級(施設長クラス)に分けて行われます。
 二部構成になっていて、一部は土曜日に丸一をかけて行われます。二部は夜から2時間程度行われます。一度に抜けられませんので、各級を2つのグループに分けて行われます。
 内容的には、新人研修と大きくは変わらず、理事長による話となります。奥が深い話なので、一度聞いただけで理解できるものでもありません。何度も聞き、それぞれの立場で実践していくことで、身について行きます。
 

一泊研修旅行

 パートの方も含めて全職員を二つのグループに分け、日にちをずらして行っています。
 「一泊研修」と言っても、一日中研修しているわけではありません。2時間程度ゲスト(法人の理事など)の話を聞いた後は、体ほぐしなどのリラックスする時間が持ちます。
 もちろん、夜は宴会です。日頃は交流のない他の事業所方々との交流の場になっています。
 

公開講座

 外部から講師を招いて、平日の夜に行われ、外部にも公開している自由参加型の講座になります。
 テーマ、子育てのことや食育など多岐にわたった内容で行われます。
 

情報セキュリティ講習会

 SNSなどに潜む危険や、スマホやタブレットなどのウィルスの脅威など、富士ゼロックス社から情報セキュリティのプロをお招きして、法人の情報だけでなく自分たちの情報を守る講習会を毎年開催しています。
 

みらいエンパワメントカフェ

 筑波大学のエンパワメント科学研究室安梅勅江教授がコーディネータされている、子どもたちの生き生きとした豊かなみらいを拓く知恵について、実践者、研究者、保護者、子どもたちとともに語らう場です。主に上位等級者が参加してます。
 

外部研修

 大阪府社会福祉協議会、私立保育連盟などが主催するセミナーなどです。指名して参加してもらう場合もありますが、希望される方を積極的な方を優先して参加してもらっています。