相談支援事業 of わかくさ

福祉サービスのことって、複雑で難しいですよね・・・そんな時は 相談支援事業所に相談してみてください。

【相談支援事業とは?】

障がいのある方やその家族からの様々な不安や悩みなどの相談に対し、相談員が対応します。
地域で安心して生活をしていただくために必要なサービスが利用できるようお手伝いさせていただきます。
路交館には うぃずサポートセンター(淡路)・わかくさ(大道南)・さくら(守口八雲)・うぃずサポートセンター守口(守口金下町)と4か所の相談支援事業所があり 福祉サービスを利用する障がい者(児)の"サービス等利用計画(障がい児支援利用計画)"を作成しています。

【サービス等利用計画とは?】

ご本人の望まれる生活のイメージをお聴きし、各種サービスをコーディネートする計画を作ります。どんな人でも、本当に望んでいる生活を手に入れるためにはいろいろな課題が発生します。そのような課題を相談員と一緒に整理しながら サービスと結びつけていき 日中活動・ヘルパー・医療・余暇活動などのサービスの利用計画をつくり 行政や各事業所とのサービスの連絡調整をします。
どんな些細な相談事でも 障がいをおもちの方の自己実現のステップになり 人や地域が繋がるきっかけになると思って日々活動しています。ご相談おまちしています。

計画相談

一人ひとりにあったサービスを効果的に利用するために

障害福祉サービスの利用申請時の「サービス等利用計画案」の作成、サービス支給決定後の連絡調整、「サービス等利用計画」の作成を行います。

対象者

障害福祉サービスの申請、変更の申請に係る方もしくは障害のある児童の保護者、地域相談支援の申請に係る方。

サービスの内容

障害のある方の心身の状況、置かれている環境、利用の意向その他の事情を勘案し、利用するサービスの種類や内容を記載した「サービス等利用計画案」の作成。
支給決定後の障害福祉サービス事業者等との連絡調整。
支給決定されたサービスの種類や内容、担当者等を記載した「サービス等利用計画」の作成。

利用料

無料

サービスのチェックと見直し

作成された「サービス等利用計画」が適切かどうかモニタリング(効果の分析や評価)し必要に応じて見直しを行います。

対象者

指定特定相談支援事業者が提供したサービス利用支援により「サービス等利用計画」が作成された支給決定障害者等または地域相談支援給付決定障害者。
※指定特定相談支援事業者以外の者がサービス等利用計画案を作成した場合については継続サービス利用支援の対象外となります。

サービスの内容

「サービス等利用計画」の変更および関係者との連絡調整。
新たな支給決定が必要な場合の勧奨。

利用料

無料

kodomo&pen.gif

障がい児相談支援

障がい児のためにサービスをマネジメント

障がい児が障害児通所支援(児童発達支援・放課後等デイサービスなど)を利用する前に障がい児支援利用計画を作成し(障がい児支援利用援助)、通所支援開始後、一定期間ごとにモニタリングを行う(継続障がい児支援利用援助)等の支援を行います。

対象者

障がい児通所支援を利用するすべての障害児。ただし、相談支援の提供体制の整備が必要なため、平成24年度から段階的に実施し、平成26年度までにすべての対象者に必須です。

サービスの内容

障がい児相談支援には、障がい児支援利用援助と継続障がい児支援利用援助の2つのサービスがあります。

  • 障がい児支援利用援助
  • 障がい児通所支援の利用申請手続きにおいて、障がい児の心身の状況や環境、障がい児または保護者の意向などを踏まえて「障がい児支援利用計画案」の作成を行います。利用が決定した際は、サービス事業者等との連絡調整、決定内容に基づく「障がい児支援利用計画」の作成を行います。
  • 継続障がい児支援利用援助
  • 利用している障がい児通所支援について、その内容が適切かどうか一定期間ごとにサービス等の利用状況の検証を行い、「障がい児支援利用計画」の見直しを行います(モニタリング)。また、モニタリングの結果に基づき、計画の変更申請など勧奨します。
利用料

無料

手続き

市区町村に申請します。利用の決定は市区町村が行います。

kodomo-tsumiki.jpg